体験談

低用量ピルの効果。ヤーズフレックスの体験談。生理やPMSが酷いなら婦人科に行って相談を。

ヤーズフレックスの体験談

低用量ピルを飲むと

  • 生理が軽くなる
  • PMSが軽くなる

といったメリットが得られると聞くけど本当なの?

 

と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

 

私は、20代の頃、低用量ピルのヤーズフレックスを服用していました。

 

生理痛、経血量、PMSにかなり効果がありました。

 

人生変わるくらい軽くなって、

「今まで人生損してた!」

と思うほど。

 

生理の問題はデリケートで中々友達に相談は出来ないし、婦人科の先生も男性医師が多く相談しにくいですよね。

 

私の体験談をよかったら参考にしてみて、是非婦人科で相談してみてください。

人生変わります。

 

薬の負担は、

  • 大体3000円/月(薬だけの値段)
  • 通院は3か月に1回(1回の通院で3か月分処方してもらえる)

では、具体的に、私の体験談をお話しします。

 

低用量ピル(ヤーズフレックス)を始める前の私の生理事情

私の場合は、高校生の頃から生理がめちゃくちゃ重たかったです。

  1. 生理痛にロキソニンは効かず、解熱鎮痛剤の座薬を入れても効かない時がある
  2. 解熱鎮痛剤が効かない時は、婦人科に駆け込んで痛み止めの注射をしてもらう
  3. 子宮内膜症、子宮腺筋症っぽい(と婦人科で言われていた)
  4. PMSで寝込む、死ぬほどメンタルがやられる
  5. 経血量が多すぎて、オムツ型のナプキンをしないと布団を汚してしまう

といった状況のため、仕事に支障が出てヤーズフレックスを試しました。

 

てむたむ
てむたむ
上記の悩みが全部解消されました

低用量ピル(ヤーズフレックス)の適用条件

低用量ピルは、生理に困っていれば保険適応です。

どの程度の痛みがしんどいのか、生活に支障があるのかは、人それぞれですよね。

 

何も困っていないのであれば、全額自己負担となります。

 

低用量ピル(ヤーズフレックス)ってどんな感じの薬?副作用は?

私が服用していたヤーズフレックスは、簡単に言えば、

身体を妊娠している状態にする薬

です。

 

私が服用していた低用量ピル(ヤーズフレックス)は、

  • 4週間(28日)を1クールとして薬を飲む
  • 1日1錠決まった時間に服用する
  • 28日中4日は偽薬が入っているため、その間に軽い生理が来る

といったように、ずっと続けて飲み続ける必要があります。

 

  • 飲み忘れる気がする人
  • 薬の管理が不安な人

には不向きです。

 

低用量ピル(ヤーズフレックス)の私が感じた副作用

低用量ピルを服用している間に感じた副作用は、

  • ちょっと太りやすくなる
  • 飲み始めの3か月くらいはつわり症状が出る
    (妊娠状態のホルモンバランスに慣れるまで)
  • ちょっと平熱が高めになる

 

身体を妊娠している状態にするため、

・排卵が止まる

・ちょっと太りやすくなる(私は2kgくらい増えた状態でキープされました)

・生理がほぼ止まる

・PMSもほぼなくなる(生理前のメンタルの心配がなくなる!)

 

 

排卵が止まるため、排卵回数を減らせて30代に妊活を考えている人には、卵子の数を残しておける(一生涯での排卵回数は生まれた時に決まっている)。

副作用の、「つわり症状」については、人それぞれです。

私の家系は、【死ぬほどつわりが重い家系】だったのもあって、最初の3か月は「食べつわり」が酷かったです。

仕事をしている中で、妊婦さんでつわりが酷い時には配慮がありましたが、私の職場では、私は妊娠しているわけでもないので、ただただ耐えるしかありませんでした。

つわりが酷い家系の方は、3か月程度は「つわり症状」を覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

低用量ピル(ヤーズフレックス)が向いていない人、やめておいた方がいい人

低用量ピル(ヤーズフレックス)を服用していて、現在は私は服用していません。

ヤーズフレックスは、魔法のように生理やPMSを軽くしてくれる効果があります。

ただ、もちろんリスクもあります。

 

ヤーズフレックスをやめておいた方がいい人は、以下の人です。

  • 3か月に1回婦人科に通院できない人(薬の処方のため)
  • 1か月に3000円程度の出費を追えない人(薬が高い)
  • 飲み忘れ、持ち歩きを忘れる可能性のある人(旅行の時も忘れずに持っていかなければいけません)
  • 血栓症のリスクが高い人(喫煙者、血栓症のリスクが高い持病がある人)
  • 妊活をしている人
てむたむ
てむたむ
今は、血栓症のリスクが高いため、「ミレーナ」を使っています

低用量ピルを生理が重い中学生・高校生の私に教えてあげたい!

低用量ピルは、メリット・デメリットがありますが、

  • タバコを吸っていなくて、
  • 生理が死ぬほど重くて、
  • 鎮痛剤が効かないほどの生理痛があって
  • PMSで毎月、1週間くらい「うつ状態」になる

という、中学生・高校生の頃の私に「はやく婦人科に相談しに行ってみるといいよ!」と教えてあげたいです。

 

薬を飲むことや、つわり症状の副作用に抵抗感があるかもしれませんが、夜寝る前に1錠飲むだけで、痛み止めなしで「うつ症状」も出ずに過ごせるので、人生変わります。

 

低用量ピルの通販や、海外からの輸入はやめておいた方がいい理由

低用量ピルは、ホルモン剤です。

  • 病院で処方してもらうことに対して、抵抗感があったり、
  • 値段が高くて、戸惑いがあったり、
  • 婦人科で検査をすることが怖かったり、

するかもしれませんが、リスクが大きいので、病院で定期的に診てもらいながら服用をしましょう。

 

低用量ピルの種類は、他にもある。身体に合う合わないがある。

低用量ピルは、私が服用していた「ヤーズフレックス」だけではありません。

副作用が出やすい、出にくい、どの程度の効果があるのか、は、人それぞれです。

身体に合う合わないがあります。

はじめて低用量ピルを始めた時には、「つわり症状」の副作用がつらすぎて、婦人科の先生に相談をしました。

すると、

「他の種類の低用量ピルを試してみる?」

と、提案されました。

てむたむ
てむたむ
ほかにもあるの?(‘ω’)

 

ただ、服用し始めて1か月だったため、

  • 副作用がもう少しすれば治まる可能性がある
  • 他の低用量ピルでも副作用は同じように出る可能性があり、ゼロスタートをもう一度することになる

ため、そのままヤーズフレックスの副作用を続けました。

3か月程度で、慣れました。

 

 

生理・PMSが重い人、悩んでいる人は、婦人科で低用量ピル(ヤーズフレックス)の相談をしてみよう

低用量ピルには、メリット・デメリットがあります。

向き不向きがあります。

使える方、使えない方がいます。

ただ、生理・PMSで困っている人は、

試さなくても、婦人科で相談してみてはいかがでしょうか。

 

是非、身軽な日常を手に入れてみてください♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください