音楽

ちりめんビブラートの女性歌手 | 宇多田ヒカルさんにハマった人はAimerさんにもハマる理由

女性歌手

昨年、友人にAimerさんという女性歌手を教えてもらってから、ドはまりしました。

ちりめんビブラートの歌手と言えば、宇多田ヒカルさんしか知らなかったのですが、Aimerさんもちりめんビブラートを得意とする女性歌手でした。

 

どうやら、私は、ちりめんビブラートの魅力に憑りつかれていたようです。

宇多田ヒカルさんにハマった人は、私のようにAimerさんにもハマるのではないでしょうか。

 

ちりめんビブラートの女性歌手を探していたのであれば、是非、宇多田ヒカルさん、Aimerさんの歌を聴いてみてください。

 

ちりめんビブラートで有名な女性歌手は宇多田ヒカルさん

ちりめんビブラートで有名な女性歌手と言えば、宇多田ヒカルさん。

私がまだ子どものころ、CDを買えず、CDレンタルをして、カセットに録音して聴いていた頃、FirstLoveがヒットしました。

私ももれることなく、FirstLoveにハマりました。

 

 

「最後のキスは たばこのFlavorがした」

という歌詞から始まる歌詞に、小学生がハマって歌い散らかしていました(*’ω’*)

 

なんとおませな小学生ですかね(‘Д’)

 

 

女性歌手のちりめんビブラートってどんな感じ?

ちりめんビブラートってなんですかっていう人のために少し解説。

色を付けたところに強めにちりめんビブラートが入っています。

最後のキス たばこのFlavor がした

くて 切ない 香り

明日の いまごろ

あなたは どこにいるんだろう

だれ おもってん だろう

 

少し震えるような、歌い方をしているので、小さな波を感じながら、上記の歌詞をみつつ注意して一度聴いてみてください。

 

この女性歌手独特のちりめんビブラートを習得したくて、小学生のころ、FirstLoveを歌って歌って歌って、一人で練習しまくっていた小学生でした。

私と同年代の方は、宇多田ヒカルにハマった人もいるのではないでしょうか。

 

ちりめんビブラートは、FirstLoveだけに限ったことではありません。宇多田ヒカルさんは他の曲でも「ちりめんビブラート」を多用しています。

 

宇多田ヒカルさんにハマった人はAimerさんにもハマる-『ちりめんビブラートの魅力』

歌の中で、ちりめんビブラートを使うことで、切なさや、繊細さを表現することができます。

ちりめんビブラートを使う女性歌手と言えば、宇多田ヒカルさんですが、Aimerさんも「ちりめんビブラート」を使う女性歌手です。

 

宇多田ヒカルさんにハマった私は、Aimerさんの歌声にもあっという間にハマりました。

友だちに教えてもらって、レンタルCDを、全部借りてきたくらい一気にハマりました。

 

特に、Aimerさんの「カタオモイ」という曲は、ちりめんビブラートの繊細な特長が生かされていて、切ない恋心を歌う歌詞にピッタリ。

 

繊細な雰囲気を醸し出すちりめんビブラートの魅力に憑りつかれた人は、Aimerさんにもハマるのではないでしょうか。

 

Aimerさんの「カタオモイ」を聴いてみてください。

Darlin’ ゆなっ

おにあいの こ みつからな

Darlin’ ゆなっ

「愛してる

 

聴いたことがあるよという方は、ちりめんビブラートがどこに使われているのか、感じながらもう一度聴いてみてください。

細かく歌い分けられているのが感じられますよ。

 

 

宇多田ヒカルさんとAimerさんのちりめんビブラート以外の共通点-『ウイスパーボイスを使いこなす女性歌手』

宇多田ヒカルさんとAimerさんには、ちりめんビブラート・女性歌手という共通点以外に、「ウイスパーボイスを使う」という共通点があります。

 

ウイスパーボイスは、言葉の通り、『囁くような声』で歌う歌い方です。

息を多めに歌声に乗せて歌う歌い方です。

 

Aimerさんの「コイワズライ」を聴いてみましょう。

囁くように歌っているのが分かるでしょうか。

 

力強く歌えるような場面でも、息を混ぜながら、誰かに話しかけるように、囁くように歌っています。

 

 

HYの「366日」を聴いてみると、対照的なのでより分かりやすいです。

囁くというよりも、思いのたけをまっすぐに歌い上げています。

 

(ところどころ息を多めに混ぜて歌っているところもあるのですが(;’∀’))

1:30あたりからの、

「あなたがまた私を好きになる」

のファルセット(裏声)の部分は、ファルセットにする+息を多めに入れて歌っています。

 

てむたむ
てむたむ
聴いてたらどんどん切なくなってきた

 

 

再び、ウイスパーボイスの宇多田ヒカルさんの、Automaticに戻って聴いてみましょう。

サビは力強く歌われていることが多いですが、最初のメロの部分は、息を多め入れて表現されています。

 

 

ウイスパーボイスも、ちりめんビブラートも、息を抜いて歌う歌い方なので、優しく囁くように繊細に歌っているようで、結構、「息を使う」必要があるので、肺活量が必要なんですよね。

 

ふんわり歌っているようで、テクニックも体力も必要な歌い方です。

 

ちりめんビブラートを真似してみよう-『ちりめんビブラートを使う女性歌手の真似』

宇多田ヒカルさんやAimerさんの歌い方って、切なくなったり繊細な歌い方が心に響いたりして素敵。

早速真似してみましょう。

 

ちりめんビブラートの真似は、「ひつじの鳴き真似」から始めてみると分かりやすいです。

 

「めええええええええ」

とひつじの鳴きまねをしてみてください。

 

はいっそれちりめん(*’ω’*)

 

それを、歌の中でやってみましょう。

歌の中でやろうとすると、難しいです。

 

もう一回、

「めぇぇぇぇぇぇぇぇえぇ」

とやってみてください。

のどの力抜けていませんか?

お腹で支えながら、のどの力を抜いて歌うことで、ちりめんビブラートになります。

 

鳴きまねをした感覚で、歌の1フレーズを歌えるように練習していきましょう。

 

 

宇多田ヒカルさんや、Aimerさんの好きな曲、ちりめんビブラートの女性歌手で好きな曲、思い出の切ない曲、是非教えて下さい♬

 

歌っている人
アカペラのジャズ曲・バラード曲のおすすめこんにちは。てむたむ(@temtam8)です。 この記事では、アカペラのジャズ・バラードでいい曲ないかなぁと、しっとりとしたアカペ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください