こころ

新婚生活に疲れた!女性役割の呪いを解いたら楽になるかもしれません。

こんにちは。てむたむ(@temtam8)です。

結婚してから、もうすぐ4年になります。

入籍するより少し前に一緒に暮らし始めたので、一緒に暮らしてからは4年経っています。

新婚生活の頃は、職場結婚だったのもあったのか、周囲から

  • 「今が一番いい時よっ」
  • 「幸せになってね」
  • 「しあわせそうで分けてもらいたいわ~」
  • 「家事はどうやって分けているの?頑張ってね」

と色々なお祝いの言葉や励ましを頂きました。

てむたむ
てむたむ
「ありがとうございます」とニコニコと応じていましたが、実は結構悩みだらけだったり、全然余裕のない生活を送っていました。

こんな人に読んでほしい

  • 新婚生活なのに疲れてきた
  • 新婚生活は甘くないのは何故?
  • 新婚でも、「今が一番いい時」な気がしない

という悩みを抱えて、yahoo知恵袋で調べたりしている日々でした。

夫との仲は悪くないし、特に困ったこともないけど、何かに疲れていました。

そんな私と同じような、漠然とした悩みを抱えている方のヒントになればと思い、その頃の私の悩みと解決していった経過を今日はお話ししていきます。

 

新婚疲れの理由①女性だから家事をするという無意識

新婚疲れの原因はいくつかありました。

今振り返ればわかることなのですが、私には「家事は女性がやること」という無意識の刷り込みがありました。

そんな刷り込みを持っているとも思いもしなかったのですが、どうやら持っていたようです。

共働きで、一緒の職場だったので、家事も同じように折半すればよいと思っていました。

でも、それと同時に、やってもらうと申し訳ないという気持ちも持っていました。

そのため、新婚生活の中で徐々に疲れていきました。

それぞれの成育環境

家事をやってもらうことに、申し訳ない気持ちを持っていたのは、私が小学生の頃から家事を担ってきていた環境があったからかもしれません。

てむたむ
てむたむ

私の家族は、母子家庭で妹と母親との3人暮らし。

家事をしないと叱られる環境で育ちました。

家に帰れば夕飯の支度をする、洗濯をする、風呂掃除までやっていたらなんとか合格点でした。

一方、夫は、

祖父母・父母・弟の6人暮らしの中で、祖母・母が家事を担う環境で育っていました。

簡単なお手伝いはしていたと夫は話しています。

女性が家事をするお家の中で育ってきたようでした。

一緒に暮らしていても、私がコップをさげることに、お互い違和感を持たない空気感でした。

てむたむ
てむたむ
ある意味2人とも、噛み合っていたのだと思います。

新婚疲れの理由②話し合いをしても、無意識で担ってしまう

お互いに、噛み合っていたようで、私自身は結婚してから1人分から2人分に増えた家事に段々と疲れていきました。新婚生活の中で、私がやる家事が増えたから疲れていきました。

最初の大きな失敗

新婚生活の中で、疲れを自覚していなかったどころか、張り切りすぎていたところもありました。

一週間の献立のメイン

  • からあげ
  • 餃子
  • ハンバーグ
  • とんかつ
  • ニンニクたっぷり麻婆豆腐

みたいな、ガッツリボリュームたっぷり、元気が出ますよっみたいな献立になり、胃もたれをした時もありました。

てむたむ
てむたむ

夫が疲れていそうだなと思って、何をしたらいいのか分からず、とにかくニンニクやお肉を食べたら元気になるのかもしれない、お風呂にゆっくり浸かったら元気になるのかもしれないと、仕事を頑張って定時に終わらせて、買い物を済ませ、いそいそと準備をしていました。

これは、新婚生活時代の、私の大きな失敗でもありました。

何故失敗だったのか

何故、失敗だったのかというと、2人で気を使い、2人で胃もたれをしていました。

作ってくれたら夫は食べてくれ、私も作り続けました。

優しさも、言葉にしないと伝わらないことが、後になって分かりました。

あと、お風呂を貯めていたのも、夫はすぐにのぼせてしまう人なので、一概によかったとは言えなかったです。これも後々分かったことです。

夫
ご飯も美味しかったし、お風呂も嬉しかったよ。僕はすぐのぼせちゃうんだよね。翌週は豆腐ハンバーグ・おかゆとかのオンパレードだったよね。

お互い、どうすれば楽に一緒にいられるのか、暮らせるのかを、十分に言葉にできていなかったり、知らなかったりしたのが、失敗に繋がりました。

2人そろって新婚生活に疲れていきました。

疲れてしまったことを言葉にして伝えた

失敗を繰り返しながら、新婚生活を積み重ねて行く中で、家事をすることに疲れてしまったことを夫に伝えました。

そして、夫が意識してやってくれることが増えたり、「休んでいていいよ」と声をかけてくれたりすることが増えました。

それでも、溜まっていく洗濯物や洗い物を見ては、ついついやってしまう私がいました。

てむたむ
てむたむ
言葉で伝えても、中々お互いのペースや、習慣というものは変えるのには時間がかかります。

疲れていることを知っているのに家事をやる私と、それを見て考え込む夫という空気が出来上がっていきました。

どうしたら上手くいくのかわからなくなりました。

夫
お互いを大切にしたいからこそ、どんどんぎくしゃくした空気になったよね。

「手伝うね」で大喧嘩に

疲れていることを伝えてはみたものの、上手くすり合わせることが出来ず、待つこともできず、お互いに小さなストレスを抱えていた時期でした。

私が家事をやっていると「手伝うね」と声をかけてきました。

この一言で大喧嘩になりました。

てむたむ
てむたむ
「手伝う」って思っているから、自分事として考えられないんでしょ。だから、放置するし、汚れにも気付かないんでしょ。と八つ当たりをしました。

お互いに、上手くやりたいのに、上手くできず、言葉にもできず、本当に苦い苦い新婚生活でした。

この喧嘩を機に、私は、自分の洗濯物や自分の洗い物以外は手放す決意をしました。

極端かもしれませんが、洗濯物を分け、洗い物を1人分残し、自分のために時間を使って、自分のペースで生活をしてみることにしました。

てむたむ
てむたむ
新婚生活の迷路に迷い込んだみたいな気持ちでした。ゴールも見えず、なんで1人分残して家事をしているんだろうと思い悩みながら1人分の家事をしていました。

1人1人分の家事

1人1人分の家事をしていくことにして、お互いに少し落ちついて自分のペースで生活ができるようになりました。

ゴミ出しや、掃除、トイレ掃除、買い出し、家計簿などは依然として私が担っていたので、ゴミ出し・トイレ掃除を夫に丸投げすることから始めました。

それが慣れてきたころに、家計簿の練習を一緒にしていくことも始めました。

てむたむ
てむたむ
多くの家事も担いながら、夫の心をへし折らないように家計簿を教えながらの生活は私には負担が大きかったです。私は夫のお母さんじゃないのに。と発狂しそうになることもありました。
夫
僕も見張られているような、評価されているような感じで発狂しそうでした。

新婚時代から1、2年と経つと、夫も段々と慣れてきて、買い出しに1時間かかっていたところを30分で帰ってこられるようになりました。

てむたむ
てむたむ
慣れないことを、慣れないペースで覚えてくれているんだなと感謝しつつ、私自身もまだまだいっぱいっぱいでした。今まで全く違う環境で育ってきた人が一緒に暮らすのはとても大変なことなんだと実感しました。

新婚疲れの理由③生活リズムをすり合わせていく期間

家事については、苦い新婚生活を乗り切ることで、今では息が合うようになって疲れないようになってきました。

お互いが次に何をしたいのか、どんな料理を作るのかが想像できるようになってきました。

家事以外に、もう1つ大変だったことがありました。

それは、生活リズムの違いです。

妻の生活リズム

7時半起床・朝食・身支度

8時に職場へ出発

18時帰宅・入浴

18時半夕食

21時就寝

 

夫の生活リズム

7時起床・ゆっくりと身支度・朝食

8時に職場へ出発

19-21時ゆっくりと仕事場で過ごし帰宅・夕食・入浴

1時頃まで趣味タイム

と、かなりのズレがありました。

私の睡眠時間がかなり長いのですが、働き始めて数年だったので疲れ切っていたのも影響していたかもしれません。

 

一緒に夕食を食べたい

夫の希望として、

夫
一緒に夕食を食べたい

という希望がありました。

てむたむ
てむたむ
私も、一緒に暮らしているのだから、一緒に食事をしたいと思っていました。

そのため、その時間に合わせて私は夕食の時間を少し遅くし、夫は結婚前より仕事を切り上げて帰ってくるようにしました。

初めはよかったのですが、これも慣れないことをしていたので、2人とも徐々に疲れが出てきました。

結婚してから、慣れるまでが大変でした(新婚生活、全然甘くない)。

 

就寝時間の違い

結婚してから、最初の3年は狭いアパートに住んでいたので、就寝時間の違いはお互いの生活リズムに大きく影響しました。

  • 私が寝る時間には電気を消して、夫が暗い中過ごす
  • 私が明るい所で寝て、夫が趣味の時間をして過ごす

の究極の選択のような状態になっていました。

 

話し合った結果、私は10-11時に就寝することにして、夫もそれに合わせて寝るということになりました。

お互いの就寝時間の中間をとる形を取りました。

夫
僕はその分、朝に時間が出来たので、早起きして活動していることもありました。
てむたむ
てむたむ
慣れれば、睡眠時間は少し短くなっても大丈夫でした。夫のいびきで寝付けないこともあったので、そのあたりは、枕を変えたり工夫をしました。

 

夫のいびきが改善した「じぶんまくら」の記事はこちらです。

いびきで困っている方は合わせて読んでみてください

てむたむ
てむたむ
ヘルニア、肩こり持ちの私もかなり楽になったので、肩こりや寝起きに疲れが取れていない悩みを抱えている方には私的にはおすすめですよ。メンテンナンスも無料です。

 

新婚疲れの理由④恥を捨てて、家族になるまでの期間

新婚生活を始めて、いびきも含めて、生理現象に関して中々お互いに言葉にできませんでした。

いびきに困っているのを言い出すまでにも、私は結構時間が必要でした。

いびきがうるさくて寝れないって言うのは、申し訳ないなぁという気持ちがあったからです。

言えない気持ち、いびきで寝れない時間、一人で抱え込むストレス…新婚疲れの理由は深刻です。誰にも相談できませんでした。

脱衣場のないアパート

新婚時代は、狭いアパートに住んでいたので、私たちの暮らすアパートには脱衣場がありませんでした。

お風呂から出たら、すぐ玄関とキッチンでした。

そのため、着替え終わるまで、

  • 入浴後は目隠しのついたてを立てたり
  • お風呂場の隣のトイレの出入りを我慢をしたり

して過ごしていました。

すごい不便でした。

家事や生活リズムの問題が解決してくるのと同じように、徐々に慣れ、お互い隠さなくなってからはだいぶ楽になりました。

てむたむ
てむたむ
見えちゃうものはしょうがないし、不便だし、いいよね。って思えるまでにも時間がかかりました。だって恥ずかしいじゃないですか。

 

お腹に溜まるおなら

もう1つ、恥ずかしいものと言えば、「おなら」です。

てむたむ
てむたむ
2人で過ごす時間に、狭いアパートで我慢し続けたおならで、私はお腹が何度も痛くなりました。

トイレは、窓がないトイレだったので、トイレで出すわけにもいかず、おならを我慢し続けて体調を崩しました。

今では、おならが出せず体調を崩した話も笑い話です。

夫
お互い我慢せずに、おならを出しちゃって笑いあって過ごせています。

 

新婚疲れの理由⑤無意識を意識して、言葉にして、すり合わせる時間

家事・生活リズム・恥ずかしいという気持ちって、一緒に生活してみないと分からないことですよね。

これを、無意識から意識にまで上げて、そして言葉にして、お互いすり合わせる時間が、新婚時代の私たちにはどうしても必要な時間でした。

この作業をして過ごしていたので、周りからの祝福モードとはかけ離れた、苦い苦い新婚生活を送っていました。

てむたむ
てむたむ
今思えば、この時に、一緒に頑張ってすり合わせることが出来たから、今幸せに暮らせています。

この時に、意識できず、言葉にせず、すり合わせる努力をしていなかったら、今の生活はないです。

苦しい時間ではありますが、1つ1つはしょうもないことでしょうが、言葉にして2人で乗り越えていくことが、その後の生活にとって大切な時間となると考えています。

 

新婚疲れの解決方法 | 習慣化して、お互いが楽なやり方を見つける

1つ1つのしょうもないことを、沢山すり合わせて、段々と習慣にして、段々と2人の生活の楽な方法を見つけてきました。

それが、2人で暮らすということなのではないでしょうか。

別々の2人が家族になるということは、2人の暮らしを作り上げていくということなのではないでしょうか。

沢山喧嘩もしましたし、もう無理だと思ったことも、離婚した方がいいのかもと思ったことも、沢山ありました。

夫を追い出してしまったこともありました。

逆に私が家に帰らないこともありました。

そんな新婚時代を乗り越えて、2人の生活が作られてきたときに、

てむたむ
てむたむ
あぁ家族になるってこういうことなのかなぁ

って、ふと嬉しくなる瞬間が、苦しい期間にも何度もありました。

そんな気持ちを思い出しつつ、言葉にして丁寧に伝えることの大切さを2人で暮らす中で学びました。

てむたむ
てむたむ
私が「女性役割」というものに縛られていることに気付いたのは、本当にかなり後の事でした。

結婚したころは、手続きや結婚式や色々なものに追われますが、新婚生活に何故だか疲れている人は、こんな私と同じ疲れを感じている人ももしかしたらいるかもしれません。

 

今悩んでいる方も私たちみたいに、少しずつ2人の生活が作られていきますようにと祈って今日のお話をおわります。

 

今日はここまで読んでくださりありがとうございました。

 

ではでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください